WiMAXのプロバイダを口座振替できるのかどうかで徹底比較

自宅のインターネットとスマホのインターネットをまとめられることで、モバイルルーターのWiMAXと契約する方が増えています。

大手キャリアの定額プランよりも料金は安いですし、自宅でも外出先でも気軽にインターネットへと接続できるのが魅力的ですね。

そんなWiMAXの月額料金の支払い方法は、クレジットカード決済と口座振替の2種類に大きく分けられます。

クレジットカード決済と口座振替のどちらの支払い方法が良いのか迷っている方は、それぞれのメリットを最初にチェックしておきましょう。

<クレジットカード決済のメリット>
・ほとんどのプロバイダで採用されている支払い方法なので選択肢が増える
・キャッシュバックキャンペーンなど魅力的な特典を受けることができる
・WiMAXに限った話ではないが、支払い料金に応じてポイントが貯まる

<口座振替のメリット>
・クレジットカードを持っていない人でもWiMAXと契約できる
・セキュリティ面でクレジットカードを使うのが怖い人でも安心できる

近年では実店舗やネット通販で買い物をするに当たり、多くの方がクレジットカードを使うようになりました。

しかし、「クレジットカードでの支払いは好きではない」「大手ブランドの審査に通らなかった」というケースは少なくありません。

「クレジットカードがないとWiMAXと契約できない」と考えている方はいますが、プロバイダによっては口座振替を選択できますので安心です。

WiMAXのプロバイダを口座振替できるのかどうかで徹底比較しよう

WiMAXは回線を提供している本家のUQコミュニケーションズだけではなく、他の事業者やプロバイダと契約して利用できます。

UQ WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルインターネットサービスです。 UQ WiMAXが他社WiMAXと大きく違うのは、運営しているUQコミュニケーシ...

プロバイダの選び方のポイントは幾つかあるものの、口座振替でWiMAXの月額料金を支払えるのかどうかはその一つですね。

・審査に落ちてクレジットカードを作成できなかった
・クレジットカードは持っているけれど使いたくない

上記のような人のために、以下ではWiMAXのプロバイダを口座振替できるのかどうかで徹底比較していますので、どこがおすすめのサービスなのか確認しておきましょう。

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE WiMAX2+は、口座振替が可能な代表的なプロバイダです。

BIGLOBE WIMAXは大手プロバイダとして知られるBIGLOBEが提供しているモバイルインターネット回線です。 BIGLOBEはフレッツ光やauひかりといった光回線のプ...

クレジットカードでも口座振替でも支払い方法に関係なく、7GBの通常プランは月額3,696円、データ容量無制限のギガ放題プランは月額4,380円と設定されています。

口座振替を選択したい人にBIGLOBE WiMAX2+が向いているのは、クレジットカード決済でも口座振替でもキャッシュバックキャンペーンが適用されるのが理由です。

BIGLOBE WiMAX2+では契約時に送られてくる会員登録資料記載に沿ってアンケートへと回答し、13ヵ月後に郵送される振替払出証書を銀行へと持っていくことでキャッシュバックを受け取ることができます。

契約するWiMAXの端末と支払い方法でキャッシュバックの金額は変わりますので、どんな違いがあるのかまとめてみました。

<WX04の場合>
クレジットカード決済:30,000円のキャッシュバック
口座振替:10,000円のキャッシュバック

<WX03、W04、L01の場合>
クレジットカード決済:15,000円のキャッシュバック+月額料金大幅値引き
口座振替:月額料金大幅値引き特典のみ

口座振替と比較し、クレジットカード決済の方が手厚い特典を受けられる点には注意しなければなりません。

それでも、口座振替を選択している人にもキャンペーンが適用されるのがBIGLOBE WiMAX2+の魅力的なポイントです。

端末の「Speed Wi-Fi NEXT W04」は10,000円のキャッシュバックで、「Speed Wi-Fi NEXT WX04」「Speed Wi-Fi NEXT WX03」「Speed Wi-Fi HOME L01」の3つは24ヵ月で最大45,770円が値引きされます。

性能やキャンペーンで比較し、契約するWiMAXの端末を選びましょう。

UQ WiMAX

UQコミュニケーションズから提供されている本家本元のUQ WiMAXでも、口座振替の支払い方法を選択できます。

UQ WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルインターネットサービスです。 UQ WiMAXが他社WiMAXと大きく違うのは、運営しているUQコミュニケーシ...

WiMAX事業者の中心的な存在ですので情報や知識は一番ありますし、アフターサポートが充実しているのも人気の理由ですね。

UQ WiMAXで口座振替の支払い方法を選択するに当たり、どんなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

・期間内に口座振替で契約したお客様へと10,000円分の商品券がプレゼントされる
・キャッシュバックの期間は3ヵ月以内と、どのプロバイダよりも短く設定されている
・銀行口座の登録に関してはオンライン上で完結させられる

多くのWiMAXのプロバイダで用意されているキャッシュバックは約1年後に届けられるため、「すっかりと忘れていた・・・」「手続きの期間が過ぎていた・・・」といったケースは少なくありません。

一方でUQ WiMAXは商品券が届くまで3ヵ月以内と短く、口座振替でも確実に特典を得られるところがおすすめです。

Broad WiMAX

他のプロバイダよりも月額料金が安かったり、端末を最速で即日発送してくれたりといったメリットがあることでBroad WiMAXは注目を集めています。

Broad WiMAXは株式会社 Link Lifeが提供しているwimaxです。 会社の知名度はあまり高くありませんが、Broad WiMAXは業界最安値の月額料金や端末を...

Broad WiMAXも口座振替を選択できる数少ないWiMAXのプロバイダですので、クレジットカードを持っていない人も安心です。

しかし、上記で紹介したBIGLOBE WiMAX2+やUQ WiMAXと比較してみると、口座振替を選択する人にBroad WiMAXは向いていません。

口座振替でBroad WiMAXの料金を支払うデメリットを見ていきましょう。

・契約手数料の3,000円に加えて18,857円の初期費用が発生する
・初期費用の18,857円が割引されるキャンペーンはクレジットカード決済だけ
・口座の審査に一定の時間がかかり、ルーターの発送が遅れる(即日発送サービスは難しい)

WiMAXの他のプロバイダは高額な初期費用を支払う必要はなく、契約手数料の3,000円だけで済みます。

クレジットカード決済を選択している人であればキャンペーンで免除されますので特に気にする必要はないものの、口座振替だと月額料金に加えてトータルで21,857円を負担しなければならないので注意してください。

WiMAXを口座振替で契約すると審査が必要?

WiMAXを口座振替で契約すると、クレジットカードとは違って審査が必要となります。

「契約者が毎月お金を支払ってくれるのか?」といった点を気にしているため、「BIGLOBE WiMAX2+」「UQ WiMAX」「Broad WiMAX」のどのプロバイダでも審査を受けなければなりません。

クレジットカードを作成する際の審査のような厳しさはないものの、下記に該当する人は注意が必要です。

・スマホの料金の延滞や未納がある
・借金を抱え込んでいる

ブラックリストに載っている方でもWiMAXの口座振替の審査に通ることはありますが、「この人には支払い能力がないのでは?」と判断されると契約はできませんね。

他にも、口座振替を選択する場合はプロバイダごとの審査に加えて、「運転免許証」「パスポート」「住民基本台帳カード」などの本人確認書類が必要となります。

いずれかの写真を申し込んだ後の登録メールやWEB申し込み画面で添付しなければならないので、契約する前に忘れずに用意しておきましょう。