WiMAXとソフトバンクのポケットWi-Fiを徹底比較

近年ではスマホだけではなくポケットWi-Fiを持ち歩く人が増えています。

持ち運びができる無線タイプのインターネット機器と説明すると分かりやすく、ポケットWi-Fiのメリットについて見ていきましょう。

・室内だけではなく屋外でも自由にインターネットと接続できる
・大手キャリアのスマホを使うよりも通信費用を節約できる
・引っ越し直後でも工事不要でインターネットが使える
・光回線と比較して月額料金が安く設定されている

このようなポケットWi-Fiの中でも、UQコミュニケーションズのWiMAXソフトバンクのポケットWi-Fiは代表的ですね。

「ソフトバンクで利用できるのはスマホだけなのでは?」とイメージしている方は多いものの、Wi-Fiルータープランへと契約すればスマホ契約の子回線としてモバイルルーターを使えます。

以下ではWiMAXとソフトバンクのポケットWi-Fiを徹底比較していますので、選び方で迷っている方は参考にしてみてください。

料金で比較するとWiMAXの方が安い

単体でWiMAXとソフトバンクのポケットWi-Fiへと契約すると仮定すると、WiMAXの方が料金が安くなっています。

いくら外出先でインターネットを気軽に使うことができても、金銭的な負担があまりにも大きすぎると戸惑ってしまうのは当然ですよね。

そこで、WiMAXとソフトバンクのポケットWi-Fiの料金がどのくらいなのか比較してみましょう。

<WiMAX(UQ Flatツープラスギガ放題3年)>
月額料金:4,380円
LTEオプション料:無料

<ソフトバンクのポケットWi-Fi>
基本使用料:4,531円
月額料金:540円
機種代金:36回払いで1,180円
通信料割引:-1,180円

毎月の支払いはWiMAXが4,380円なのに対して、ソフトバンクのポケットWi-Fiは5,071円です。

WiMAXのUQ Flatツープラスギガ放題で2年契約を選ぶとLTEオプション料として毎月1,005円が発生しますが、3年契約であればWiMAXの方が安上がりで済みます。

データ使用量の多い人はWiMAXがおすすめ

毎月のデータ使用量の多い人は、ソフトバンクのポケットWi-FiではなくWiMAXがおすすめです。

WiMAXには1ヵ月間のデータ容量に制限がないデータ無制限のプランがあるのに対して、ソフトバンクのポケットWi-Fiにはありません。

ソフトバンクのWi-Fiルータープランへと契約する場合、次の2種類のデータ定額サービスから選択する形となります。

月データ定額5GB:5,000円
月データ定額20GB:6,000円

毎月のデータ容量が制限されるため、高画質のYouTubeの動画を見たり音楽をダウンロードしたりと使いすぎていると高速通信から低速通信へと切り替わってしまうのです。

メールの送受信やホームページを閲覧する程度であれば、20GBの容量さえあれば十分でしょう。

しかし、動画を視聴したりパソコンへと接続したりといった目的で使うとあっという間に使い切ってしまいますので、ソフトバンクのポケットWi-Fiよりもデータ無制限のプランのあるWiMAXの方がストレスなく使えますね。

速度制限の条件で比較するとWiMAXがおすすめ

速度制限の条件で比較してみると、ソフトバンクのポケットWi-FiよりもWiMAXの方が緩いのが特徴です。

WiMAXは1ヵ月間のデータ使用量は無制限で速度制限は3日で10GBなのに対して、ソフトバンクのポケットWi-Fiの4Gデータし放題フラットプランは3日で1GBと通信業界の中で最も厳しく設定されています。

1GBのデータ容量で何ができるのか目安を見ていきましょう。

Webページの閲覧:約4,000ページ
通常画質(360p)の動画視聴:約4.5時間
高画質(HD画質)の動画視聴:約7分
SkypeやLINEの音声通話:約5時間
SkypeやLINEのビデオ通話:約27分

高画質の動画を見ていると直ぐに使い切ってしまうため、快適にインターネットを使いたいのであれば3日で10GBと速度制限の条件が緩いWiMAXの方が安心です。

スマホでデータ通信量が余る方はソフトバンクのポケットWi-Fiがおすすめ

既にソフトバンクのスマホと契約していて、毎月のデータ通信量が余っている人はWiMAXではなくソフトバンクのポケットWi-Fiをおすすめします。

ソフトバンクでは2016年から大容量のプランのギガモンスターが登場したため、1ヵ月間のデータ使用量を使い切れないケースは少なくありません。

そんな時にWi-Fiルータープランを選んでいれば、スマホと分けてデータ定額プランを契約しなくてもそのままポケットWi-Fiも使えますよ。

・ギガモンスターの30GBプランであれば1ヵ月間で8,000円とお得
・ソフトバンクWi-Fiルータープランは月額1,900円を追加するだけで良い

上記のような特徴がありますので、ソフトバンクだけでスマホとポケットWi-Fiの両方を使うのは選択肢の一つです。

WiMAXとソフトバンクのポケットWi-Fiのメリット・デメリットまとめ

以下では、WiMAXとソフトバンクのポケットWi-Fiのメリットやデメリットをまとめてみました。

<WiMAXのメリット>
・月間データ容量の上限が設定されていない
・混雑回避のための速度制限が緩い
・月額料金が比較的安めに設定されている

<WiMAXのデメリット>
・原則で3年契約で自動更新しなければならない
・壁などの障害物に弱くて、どこでも通信できるわけではない
・インターネットをあまり使わない人には勿体無い

<ソフトバンクのポケットWi-Fiのメリット>
・既存のデータ定額プランの通信量を使える
・スマホとモバイルルーターを併用してお得に使える
・ソフトバンクモバイルの店舗で安心して契約できる

<ソフトバンクのポケットWi-Fiのデメリット>
・データ容量が無制限のプランが存在しない
・下り最大通信速度が他のサービスよりも遅い
・速度制限の条件が厳しく設定されている

モバイルルーターの品質で比較するとWiMAXの方が圧倒的に上ですが、既にソフトバンクのスマホを使っている方はポケットWi-Fiと併用するのも良いので、どちらが合っているのか考えてみてください。