WiMAXのハイパワーモードとは?効果対応機種は?

WiMAXの端末の中にはハイパワーモードと呼ばれる機能を搭載しているものがあり、「どんな効果があるの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

簡単に説明すると、WiMAXハイパワーは電波の弱い場所でも送受信の性能を強化した機能を指します。

現在では一昔前と比べて提供エリアは拡大していますが、次の場所では電波が届きにくいのが特徴ですね。

・地下室
・鉄筋コンクリートの建物内
・高層ビルに囲まれた場所
・マンションで窓から遠い部屋

電波を拾いにくいケースは意外と多いものの、WiMAXハイパワーであればその心配はありません。

電波法の規制緩和に伴って端末側からの電波の出力が上がったため、通信可能エリアが一回り広くなる仕組みです。

特別な新技術がWiMAXハイパワーで使われているわけではありませんが、「今までは部屋の中でギリギリ繋がるレベルだった」という人は違いを実感できるのではないでしょうか。

室内などプライベートでWiMAXを使う機会が多いのであれば、ハイパワー機能で十分に改善されます。

WiMAXのハイパワーモードで速度は変わる?

WiMAXのハイパワーモードは通信環境の悪い場所で効果を発揮する機能ですので、今まで満足のいく速度で使えていた人が更にスピードを向上させることはできません。

しかし、以下のように電波の入りにくい場所で確かな機能を感じられないのであれば、通信速度は変わります。

・屋内でネットの動画をWiMAXで見ていたが、2分の動画を読み込むのに1分近くかかっていた
・WiMAXハイパワー機能が搭載された端末を使うと、10秒~20秒と読み込みが速くなった

読み込みの速度や通信スピードが劇的に変わるわけではないものの、電波の弱い場所でも繋がりやすくなるのはありがたいことですね。

これからモバイルルーターを購入しようと考えている方は、ハイパワーモードに対応しているのかどうかで比較してみてください。

WiMAXハイパワーの対応機種は?

WiMAXハイパワーでは、電波の送受信能力がアップして繋がりにくいエリアでも満足のいく通信ができるようになりました。

そこで、以下ではWiMAXハイパワーの対応機種をまとめていますので、選び方で迷っている方は参考にしてみましょう。

WX02
・WX01
・URoad-Home2+
・URoad-Stick
・URoad-Home
・AtermWM3600R
・AtermWM3450RN
・NAD11
・HWD15
・URoad AERO
・AtermWM3800R
・Mobile Slim IMW-C1000W

UQコミュニケーションズの公式サイトでは、これらのモデルのルーターが対応していると記載されています。

モバイルルーターを比較するに当たり、自分が使用する環境で繋がりやすいのかどうかを考慮するのはとても大事です。

ハイパワーモードはWiMAX2+で搭載されているの?

電波が繋がりやすくなるハイパワーモードがWiMAX2+で搭載されているのかどうか、疑問を抱えている方は少なくありません。

この点に関してはUQコミュニケーションズの公式サイトでも記載されていて、WiMAX2+にはハイパワーという概念が存在しないのが特徴です。

現在ではWiMAXのハイパワーモードを使わなくても、WiMAX2+の基地局が増えて圧倒的に速く繋がりやすい環境ができあがりました。

・WiMAX基地局が増加してWiMAX2+に対応できるようになった
・障害物で繋がりにくかったWiMAXの性能が上がった
・新たな技術のクレードルアンテナの登場で電波をしっかりと受信できるようになった

上記のようにWiMAXは時代とともに進化していますので、使いやすさは格段にアップしています。

それに、従来型のWiMAXのサービスは2018年の4月に終了することが決定しました。

なぜWiMAXのサービスが終了し、全てがWiMAX2+へと移行するのか考えられる理由について見ていきましょう。

・WiMAX2+へと割り当てている電波帯域がだんだんと足りなくなってきた
・従来のWiMAXではハイパワーでも十分な速度を出すことができない

サービスレベルを改善してお客様が安心してモバイルルーターを利用できるように、WiMAX2+へと移行しているわけですね。

WiMAXの速度は低下しているの?

従来と比較してみると、現在のWiMAXは次のように速度が低下しています。

・当初は40Mbpsの速度でサービスを提供していた
・現在では13.3Mbpsまで回線速度が低下している

回線速度という点で見てみると、ハイパワーモードを搭載していても速度は遅くなりました。

あくまでもハイパワーモードは地下室や室内でも電波を拾って繋がりやすくする機能ですので、通信速度に差がないのは仕方がありません。

そのため、十分な速度のモバイルルーターを毎日の生活に取り入れたいと考えている方は、WiMAX2+と契約してみてください。