WiMAXは海外で使える?レンタルは可能?

使い慣れた今のWiMAXを海外で使いたいと考えている方は意外と多いのではないでしょうか。

日本でも同じように海外でWiMAXを使うことができたとしたら、旅行の際に大いに役立ちますよね。

WiMAXは海外で使えるの?

しかし、全ての国で利用できるわけではなく、WiMAXの海外ローミングサービスは2017年の11月現在で韓国だけなのが特徴です。

韓国では現地の業者が提供しているWiMAXサービスを利用できるため、海外旅行の際にインターネットへと気軽に接続できます。

以前はアメリカ国内でもWiMAXのサービスが提供されていたのですが、2015年の11月1日に残念ながら終了してしまいました。

つまり、現在では韓国でのみモバイルルーターが使用でき、他の国では使い物にならないので注意しなければなりません。

海外でもインターネットへの接続ができるモバイルルーターはWORLD WiMAXで、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

・そもそものWiMAXは日本国内の99%の地域でインターネット通信が可能なモバイルルーターを指す
・韓国の首都のソウルだけではなく、大都市プサンや観光地として人気のチェジュ島でも使える
・利用地域に関してはサービス提供業者であるKTのホームページから確認できる

日本国内では工事不要で気軽にインターネットへと接続できるため、WiMAXを提供している代理店やサービスと契約する方が増えました。

しかし、海外での利用に関しては韓国だけに限られていますので、どの地域でも使用可能というわけではないと心得ておいてください。

海外のWORLD WiMAXは使用できるデバイスが限られている

日本のWiMAXは、次のように様々なデバイスでインターネット通信ができます。

・デスクトップのパソコン
・ノートパソコン
・スマートフォン
・タブレット

コンパクトなサイズで持ち運びしやすいため、「自宅ではパソコンと繋ぐ」「外出先ではタブレットと繋ぐ」と使い分けられるのが大きなメリットですね。

ただし、海外のWORLD WiMAXはインターネットへと接続できるのはパソコンだけと限られています。

しかも、特定の通信モジュールを内蔵したWiMAXパソコンのみとなりますので、日本で使っている「Speed Wi-Fi NEXT WX04」や「Speed Wi-Fi NEXT W04」を海外旅行で持っていき、同じように使えるわけではありません。

WiMAXには対応している機器がいくつかあり、自分が好きな端末を選んで利用することができます。 WiMAX対応機器のうち、最も新しい端末が「Speed Wi-Fi NEXT ...

どの通信モジュールでWORLD WiMAXを韓国で使えるのか幾つか挙げてみました。

・インテル WiMAX/WiFiLink5150
・インテル Centrino Advanced-N+ WiMAX6250
・インテル Centrino Advanced-N+ WiMAX6150
・Mitsumi WiMAX Network Adapter

WiMAXパソコンを使うだけではなく、渡航前にWiMAX接続ユーティリティのバージョンアップが必要な点もきちんとチェックしておくべきです。

海外用のWiMAXはレンタルできるの?

海外旅行でWiMAXを使ってインターネットへと接続するに当たり、レンタルできるのかどうか疑問を抱えている方は少なくありません。

海外用のWiMAX自体のレンタルサービスは実施されていないものの、他の海外用ポケットWiFiであれば一時的に借りて渡航先で利用ができますね。

海外WiFiレンタルの中でもエクスモバイルが有名で、世界170ヵ国以上で使えるのが特徴です。

韓国以外の国でも使えますし、中国や台湾限定で1日の通信制限がないデータパックも用意されていました。

モバイルルーターはWiMAXだけではないので、数日間だけ海外旅行を考えている方は海外用ポケットWiFiのレンタルを考えてみてください。