WiMAXは田舎で使えない?繋がらないかもと不安な時に試したいことは?

「自分が住んでいる地域は田舎だからWiMAXを使えないかも・・・」と不安を抱えている方はいませんか?

確かに、都心部へとお住まいの方とは違い、地方の田舎に住んでいる人はWiMAXの電波が届かないのではないかと心配になりますよね。

WiMAXは田舎で使えないの?

以前は提供エリアが限られていましたので、次の口コミを残している方がいました。

・自宅に電波が届かなくてWiMAXを利用できなかった
・屋内にいると繋がらないので困っている
・人のいない過疎地では電波が入らない

田舎でWiMAXが繋がりにくいのは紛れもない事実で、電波特性や企業規模が大きく関係しています。

携帯電話が普及しだした頃の電波事情と同じように、電波の入りにくい地域の場合はインターネットへと接続できないのです。

しかし、最近のWiMAXを中心とするモバイルルーターは、人口カバー率が99%を超えています。

・沖縄や北海道も電波が届くエリアに入っている
・山岳エリアを除くほとんどがカバーエリアに入っている

このような特徴がWiMAXにはありますので、「都会では使える」「田舎では使えない」とは一概に言い切れません。

性能が少しずつ良くなって快適に利用できる仕組みが整っているため、田舎へとお住まいの方も決して諦めないでください。

WiMAXが繋がらないかもと不安な時に試したいことをチェック

「自分の住まいは田舎だから不安」「本当に使えるのか事前に知りたい」と考えている方は、WiMAXが繋がるのか繋がらないのか最初にチェックすべきです。

WiMAXは工事不要でどこでもインターネットが楽しめるモバイルインターネットサービスです。 非常に高速で光回線よりも月額料金が安いことでも人気ですが、WiMAXはどこでも使え...

どのような方法でWiMAXを使えるのか試せば良いのか幾つか見ていきましょう。

ピンポイントエリア判定を行う

自分のお住まいの地域でWiMAXを使えるのか判断したい時は、ピンポイントエリア判定を行うのがおすすめです。

利用場所の住所を入力するだけでエリア判定をしてくれる素晴らしいツールで、次の3つが画面上へと表示される仕組みとなっています。

○:電波がしっかりと届く場所でWiMAXを快適に利用できる
△:繋がることはあるが、どれくらい使えるのかは保証されていない
圏外:何をしてもインターネットへと繋がらない(山岳エリアなど)

ピンポイントエリア判定を実際にしてみて、△や圏外と表示されてしまった素直に諦めるべきですね。

何をしてもインターネットへと繋ぐことができないので、WiMAXへと申し込んでも全く意味がありません。

一方で都会でも田舎でも「○」と表示されればWiMAXを使える指標となり、自宅でも外出先でもインターネットを使いたい方はモバイルルーターと契約してみてください。

実際にWiMAXの実機を使ってみる

確実にWiMAXが繋がるのかどうかは、ピンポイントエリア判定でも正確に判断できないのが特徴です。

「○」と判定が出ても、室内では上手くいかないケースも決して少なくありません。

そんな時は実際にWiMAXの実機を使ってみる方法がおすすめで、UQ WiMAXのTry WiMAXを申し込んでみましょう。

①公式サイトへとアクセスしてTry WiMAXを申し込みをインターネット上で行う
②自宅で貸出機器を受け取ってからWiMAXを思う存分にお試しする
③15日間のレンタル期間が過ぎた後に貸出機器を返却する

上記の流れで簡単に利用できるため、「田舎に住んでいるけれど大丈夫なの?」と不安を抱えている方にピッタリです。

WiMAXは基本的に2年契約や3年契約で申し込む形となり、途中で解約手続きを行うとサービスに応じて決められた違約金を支払わなければなりません。

自宅で繋がらない理由で解約し、尚且つ違約金を支払わなければならないのは大損ですので、WiMAXの申し込みを行う前に実機をレンタルして確かめてみてください。