WiMAXのルーターは何が違う?おすすめの選び方って?

WiMAXにはたくさんの種類のルーターがあり、好きなものを選んで利用できます。

ただ、ある程度詳しい人なら問題ないでしょうが、WiMAXが初めての人やあまり詳しくない人だとどのルーターを選べばよいか分からないかもしれません。

WiMAXのルーターによって持ち運びの可否や通信速度、有線LANポートの有無など違いがあります。

そのため、WiMAXをどのように使うかをしっかりと考えたうえでルーターを選ばないといけません。

今回はWiMAXのルーターの選び方について解説します。

WiMAXルーターの種類

WiMAXルーターは大きく分けてモバイルルータータイプ、ホームルータータイプ、USBスティックタイプの3つがあります。

選び方の前に、それぞれの特徴を覚えておきましょう。

モバイルルーター

モバイルルーターはバッテリーで稼働し、自宅はもちろん持ち運んで外出先でも使えるのが特徴です。

おそらく、WiMAXを利用する人の多くがこのタイプを使っているでしょう。

どのルーターも本体がコンパクトなのでカバンやポケットに入れて持ち運べます。

標準では有線LANポートがなく、端末とは無線LANによって接続します。そのため、主に外出先でスマホやタブレット、ノートパソコンを使いたい人におすすめです。

別売りの専用スタンド「クレードル」を使うことで有線LAN接続が可能になります。

WiMAXを契約する際に持ち運びができるモバイルルータータイプの端末を選択すると、「クレードル」という言葉を目にすることがあると思います。 クレードルはWiMAXのルーターを...

またルーターによってはクレードルにアンテナが内蔵されており、通常よりも受信感度が高くなります。

ホームルーター

ホームルータータイプはバッテリーではなくACアダプタで稼働する据え置き型のルーターです。

持ち運ぶことができませんが、標準で有線LANポートがあり、無線LANで同時接続できる端末数もモバイルルーターより多いです。

主に自宅やオフィスなどで固定回線の代わりにWiMAXを使う人に向いています。

USBスティック

USBスティックタイプはUSBメモリのようにパソコンのUSB端子に差し込んで使うタイプです。

本体が非常にコンパクトですし、差し込むだけで設定などをせずにすぐ使えます。

しかし、スマホやタブレットでは使えません。

最近ではノートパソコンよりもスマホやタブレットでWiMAXを使いたい人が多いので、スティックタイプについてはあまり需要がなく、新製品も2015年以来出ていません。

よほどの理由がなければ、USBスティックタイプではなくモバイルルーターかホームルーターを選びましょう。

現在主流のWiMAXルーターは?

WiMAXルーターは古い端末を含めると非常に数が多いです。

しかし、あまりにも古すぎるとプロバイダでの取り扱いが終了していたり、通信速度が遅かったりするため、出来るだけ新しいルーターを使うようにしましょう。

2017年7月現在、各プロバイダでの取り扱いが多く、主流となっているWiMAXルーターをまとめると以下の通りです。

タイプ発売日最大速度対応電波
Speed Wi-Fi NEXT W04モバイル2017年2月440MBpsWiMAX2+, au 4G
Speed Wi-Fi HOME L01ホーム2017年2月440MbpsWiMAX2+, au 4G
Speed Wi-Fi NEXT WX03モバイル2016年12月440MbpsWiMAX2+
novas Home+CAホーム2016年10月220MbpsWiMAX2+
Speed Wi-Fi NEXT W03モバイル2016年7月370MbpsWiMAX2+, au 4G
Speed Wi-Fi NEXT W02モバイル2016年2月220MbpsWiMAX2+, au 4G
Speed Wi-Fi NEXT WX02モバイル2015年11月220MbpsWiMAX, WiMAX2+
URoad-Home2+ホーム2015年3月110MbpsWiMAX, WiMAX2+

このうちSpeed Wi-Fi NEXT WX02とURoad-Home2+については通信速度が遅いですし、かなり古いため扱っていないプロバイダもあります。

しかし、WiMAX2+回線ではなくWiMAX回線も利用したい場合はこの2つのどちらかを使う必要があります。

WiMAXルーターの選び方

用途で選ぶ

WiMAXルーターを選ぶ際にもっとも重視するのは用途、つまり「WiMAXをどのように使うか?」です。

外出先で使うのがメインであれば持ち運びができるモバイルルーターが良いですし、家庭で固定回線代わりに使うなら有線LAN接続が可能なホームルーターが良いでしょう。

さらに、家庭で有線LANを使いたいが外出先でも使いたいならモバイルルーター+クレードルのセットが最適です。

また、同じタイプのルーターによっても性能が異なるので、自分の用途に合った性能や特徴を持つルーターを選びましょう。

例えばモバイルルーターの場合、速度よりも長時間使えることを重視するならバッテリー容量が多いタイプのほうが良いですし、動画やゲームなどを楽しみたいなら最大通信速度が速いタイプのほうが良いです。

通信速度や対応電波で選ぶ

WiMAXは最大通信速度が440Mbpsですが、どの速度まで対応しているかは端末によって異なります。

速度を重視するなら440Mbpsの速度まで対応しているルーターを選ぶ必要があります。

また、WiMAXではWiMAX2+回線だけでなくau 4G LTE回線を利用する「ハイスピードプラスエリアモード」を使えますが、こちらについてもルーターによって対応しているかどうかが異なります。

ハイスピードプラスエリアモードを使う予定のある人はau 4G LTEに対応しているルーターを選びましょう。

さらに、以前のWiMAX回線には対応しているが、WiMAX2+回線には対応していない地域の場合はWiMAX回線にも対応した端末を選ぶ必要があります。

現在ではそういった場所はほとんどないかもしれませんが、WiMAX回線とWiMAX2+回線の両方に対応した機種は数が少なく古いので注意しましょう。

キャンペーンで選ぶ

用途である程度は絞ったものの、性能などにはあまりこだわりがない人はプロバイダのキャンペーンで選ぶのも良いでしょう。

WiMAXの各プロバイダはキャッシュバックや月額料金割引、端末代無料といったお得なキャンペーンをたくさん実施しています。

しかし、どの端末が対象になっているかはプロバイダによります。

プロバイダの中にはルーターの種類によってキャッシュバック額が異なるものもあります。

ある程度用途でルーターを絞ったうえで最もお得になるものを選びましょう。

用途別おすすめのWiMAXルーター

ここまででWiMAXルーターの選び方を解説しましたが、それでもいまいちピンとこない、という人もいるかもしれません。

そう言った人のために、用途別におすすめのWiMAXルーターを紹介します。

持ち運びメインならW04

持ち運んで外出先で使うのがメインなら、モバイルルーターの最新モデル「Speed Wi-Fi NEXT W04」がおすすめです。

最大440Mbpsの高速通信に対応しており、快適なインターネットを楽しむことができます。

au 4G LTEに対応しており、ハイスピードプラスエリアモード時は最大590Mbpsという超高速通信を利用できます。

本体サイズもこれまでよりコンパクトかつスリムになり、携帯性・操作性ともに向上しました。

タッチパネル搭載なので設定も簡単です。

Bluetooth接続に対応、3つの通信モードを搭載、スマホアプリからリモート操作できるなど機能も充実しています。

自宅で固定回線の代わりならHOME L01

自宅で光回線やADSLなどの固定回線の代わりに使うなら、ホームルーターの「Speed Wi-Fi HOME L01」がおすすめです。

持ち運びはできませんが2つの有線LANポートを搭載し、パソコンやゲーム機でも安定した通信が可能です。

無線接続では2.4GHz帯で20台、5.0GHz帯で20台の合計40台まで同時接続が可能なので、家族でスマホやタブレットを利用しても全く問題ありません。

通信速度も最大440Mbpsまで対応しており、au 4G LTE回線も利用できるため屋内でも高速のインターネットを楽しめます。

自宅でも屋外でも使うならWX03

自宅で有線LAN接続を使いたいが外出先でも使いたいという場合はモバイルルーターの「Speed Wi-Fi NEXT WX03」がおすすめです。

W04よりも少し古い端末ですがWX03も最大440Mbpsの高速通信に対応しているので、通信速度は同じです。

また、バッテリー容量に関してはW04より優れているので、速度よりも長時間使えることを重視する人に向いています。

また、WX03専用のクレードルは拡張アンテナを搭載しています。クレードルに設置することで有線LAN接続が可能になるだけでなく、受信感度も高くなり、屋内でも快適に高速通信を利用できます。

W04にもクレードルがあり有線LAN接続ができますが、W04のクレードルにはアンテナがありません。

そのため自宅でも快適に使いたいなら拡張アンテナがあるWX03の方がおすすめです。

注意したいのは、WX03はau 4G LTE回線には対応していないため「ハイスピードプラスエリアモード」は利用できません。

利用したい場所がWiMAX2+回線に対応していない場合は通信ができないので注意しましょう。

まとめ

今回はWiMAXルーターの選び方を解説しました。

現在主流のWiMAXルーターにはモバイルルーターとホームルーターの2種類があり、特徴が異なるため用途に合わせて選ぶ必要があります。

また、同じタイプのルーターでも性能が違ったり、プロバイダによって取り扱い方が違ったりします。

WiMAXはルーターによっても使い勝手が大きく変わってしまうので、自分の用途を見直し、その用途に合ったルーターを選ぶようにしましょう。