wimaxの4つの解約方法と解約する上で必要な費用・違約金について

手軽にインターネットが楽しめることで人気のWiMAXですが、意外とやっかいなのが解約です。

プロバイダによって解約方法が異なったり、契約時期や契約内容によって違約金の有無や金額も異なったりと、なかなか紛らわしいです。

そこで今回はWiMAXの一般的な解約方法や、主要プロバイダごとの解約方法について詳しく解説します。

wimaxの解約方法

WiMAXの解約方法はプロバイダによって異なります。しかし、一般的にはネット、電話、書面のいずれかで解約できます。

ネットからwimaxを解約する

WiMAXの多くは契約後にインターネットからマイページにアクセスすることができます。

マイページでは契約内容の確認や利用明細の確認ができますが、プロバイダによってはマイページから解約をすることもできます。

ネットからの解約なら時間を気にせずいつでも申請できるので、最も手軽です。ネットから解約できる場合はなるべくネットから解約するようにしましょう。

電話でwimaxを解約する

プロバイダによってはネットで解約できないことがあります。その場合はプロバイダのカスタマーセンターなどに電話をして解約します。

電話の場合、受け付けている時間が決まっていたり、土日は対応していなかったり、つながりにくかったりと、ネットと比べるとやや不便です。

電話で解約する際はなるべく早めに申し込むようにしましょう。

書類でwimaxを解約する

ほとんどのプロバイダはネットか電話で解約できますが、中には解約用の書類を記入したうえで、それを送付することで解約するものもあります。

ネット・電話と比べると面倒くさいですし、書類の到達が遅れると解約手続き自体が遅れることもあります。

もし解約方法を選べる場合はなるべく書面による解約は避けるようにしましょう。

店頭でwimaxを解約する

一部のWiMAXでは店頭に足を運んで解約手続きをしないといけないことがあります。

インターネット上で契約できるプロバイダの場合はまずありませんが、家電量販店などでWiMAXを契約した場合は店頭でしか解約できないことがあります。

wimaxを解約するために必要なもの

WiMAXをネットで解約する場合は特別必要なものはありません。

店頭で解約する場合は本人確認書類や契約者番号が書かれた申込書などが必要になります。

電話で解約を申し込む際も本人確認のために契約者番号などを聞かれることがあるので、電話を掛ける際は契約書などを手元に用意しておくと良いでしょう。

また、WiMAXを解約すると契約内容によっては違約金が発生することがあります。

違約金は発生しないことが理想ですが、万が一に備えてお金の準備はしておきましょう。

wimaxの解約にかかる費用

WiMAXを解約した際にかかる費用には以下のようなものがあります。

解約違約金

現在WiMAXのほとんどは2年間の契約期間があり、その期間中に解約する場合は違約金が発生します。

違約金の金額は契約期間によって以下のように変動します。

契約期間違約金
1~12ヶ月目19,000円
13~24ヶ月目14,000円
26ヶ月目以降9,500円

なお、違約金の金額はプロバイダや契約内容によっても異なるので、必ずプロバイダに問い合わせるようにしましょう。

レンタル機器返送料

プロバイダからWiMAXルーターなどをレンタルしている場合は、解約する際にレンタルしている機器を返送しないといけません。

多くの場合はプロバイダ側が送料を負担しますが、中にはユーザー側が負担しないといけない場合があります。

また、機器をレンタルしていなくてもSIMカードを返送しないといけないプロバイダもあります。

機器の返送についてはプロバイダによって異なるため、解約する際にプロバイダに問い合わせるようにしましょう。

違約金を払わないためには?

WiMAXの違約金は非常に高額です。そのため出来るなら違約金を払わずに解約したいですね。

違約金を支払わないためには契約更新月に解約をする必要があります。

多くのプロバイダの場合は課金開始月を1ヶ月目とすると、25カ月間契約することになります。

この場合、25ヶ月目を「契約満了月」といい、その翌月を「更新月」と言います。この更新月に解約をした場合は契約解除料が発生しません。

もし更新月に解約しない場合は自動的に契約が更新されてしまい、次の更新月が来るのは2年後になってしまいます。

つまり、違約金を払わないためには更新月にタイミングを合わせて解約する必要があります。

なお、プロバイダによっては解約を受け付ける期限が設けられており、その期限を過ぎると解約が翌月になり、更新月に解約することができません。

WiMAXを解約する場合はあらかじめ更新月を確認し、余裕を持って早めに解約手続きをするようにしましょう。

wimaxの違約金を安くする方法

更新月に解約すれば違約金は発生しませんが、どうしても更新月を待てない場合もあると思います。

そういった場合はキャッシュバックや違約金を負担してくれるキャンペーンなどを利用してなるべく違約金を安くするよう工夫しましょう。

キャッシュバックをもらってから解約する

WiMAXのプロバイダの多くはキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバック額はプロバイダによって異なりますが、多くのプロバイダで20,000円以上になっています。

モバイルルーターのWiMAXは本家のUQコミュニケーションズではなく、別のプロバイダで契約する方が増えました。 ・回線を提供しているUQコミュニケーションズの方が良いのでは?...

そのためキャッシュバックをもらってから解約すれば違約金を支払ってもトータルでは安く済みます。

ただし、多くの場合キャッシュバックをもらえるのは契約してから半年~1年後になります。

WiMAXと契約するに当たり、プロバイダによってはキャッシュバックを受け取ることができます。 少しでもお得に使いたいのであれば、キャッシュバックが用意されたWiMAXのプロバ...

キャッシュバックがもらえるまでの間もWiMAXの月額料金は発生するので、場合によってはキャッシュバックを待つよりもすぐに解約したほうが安くなることもあります。

違約金を負担してくれるインターネットサービスに乗り換える

Broad WiMAXのようにインターネットサービスの中には乗り換えた際に、元のインターネットサービスの解約にともなって発生した違約金を負担してくれるものもあります。

Broad WiMAXは株式会社 Link Lifeが提供しているwimaxです。 会社の知名度はあまり高くありませんが、Broad WiMAXは業界最安値の月額料金や端末を...

そういったインターネットサービスに乗り換えれば、違約金が実質0円になります。

プロバイダ別解約方法

WiMAXの解約方法は大きくネット、電話、書類の3つがありますが、どの方法で解約できるかはプロバイダによって異なります。

ここでは、主要なプロバイダごとの解約方法や注意点をまとめてみました。

@nifty WiMAX

@nifty wimax

@nifty WiMAXは解約専用のウェブページで解約することができます。

@nifty wimax
@nifty WiMAXは大手プロバイダである@niftyが提供しているモバイルインターネットサービスです。 @niftyは光回線の@nifty光や格安SIMのNifMo提供...

@nifty WiMAXは月額料金の日割りを行っていないため、月の途中で解除手続をしても解約月分の月額料金は満額支払うことになります。

また、@nifty WiMAXを解約しても@nifty IDは残ってしまいます。@nifty IDも解約したい場合は別途契約手続きが必要になります。

Broad WiMAX

Broad WiMAX

Broad WiMAXは「Broad サポートセンター 解約専用ダイヤル」に電話をすることで解約できます。

Broad WiMAXは株式会社 Link Lifeが提供しているwimaxです。 会社の知名度はあまり高くありませんが、Broad WiMAXは業界最安値の月額料金や端末を...

なお、解約受付は毎月25日(日営業日の場合は翌営業日)までで、26日以降は解約することが出来ず、解約が翌月になってしまいます。

契約更新月に解約する場合は25日までに連絡しないと翌月解約になり、契約解除料を支払わないといけなくなります。

解約をしたい場合は25日までに連絡するようにしましょう。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは解約用ウェブページ、もしくは電話で解約することができます。

BIGLOBE WIMAXは大手プロバイダとして知られるBIGLOBEが提供しているモバイルインターネット回線です。 BIGLOBEはフレッツ光やauひかりといった光回線のプ...

BIGLOBE WiMAXも解約月の月額料金は日割りされず全額かかりますが、いつ解約を申し込んでも月末までは利用することができます。

So-net モバイル WiMAX

So-net モバイル WiMAX

So-net モバイル WiMAXは退会・解約ページから解約することができます。

So-netモバイル WiMAXは大手プロバイダのSo-netが提供しているモバイルインターネット回線です。 So-netはフレッツ光やauひかりといった光回線のプロバイダと...

So-netのサービスの利用をすべてやめる「退会」、もしくはso-net モバイル WiMAXのみを「解約」のどちらかを選ぶことができます。

So-net モバイル WiMAXを解約後もSo-netの接続コースやメールアドレスを使いたい場合は解約を選択しましょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは会員専用のマイページ「BBnavi」もしくは書面(郵送)で解約手続きを行えます。

GMOとくとくBB WiMAXはGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダサービス「GMOとくとくBB」が提供しているWiMAXサービスです。 WiMAXの多くはキャッ...

マイページから解約する場合はBBnaviの「サービス・オプションの削除・解約」から解約したいサービスを選択して「削除」を押す事で解約できます。また、一番下の「解約」を押す事でGMOとくとくサービスの会員契約を解約することができます。

書面で手続きの場合はウェブから解約申請書を印刷して送付します。

書面で解約申請する場合は毎月20日必着となっています。解約をする場合はなるべく早めに、余裕を持って書類を送付するようにしましょう。

novas WiMAX

novas WiMAX

novas WiMAXはサービス解約届を郵送することで解約できます。

novas WiMAXはシンセイコーポレーションが提供しているモバイルインターネットサービスです。 シンセイコーポレーションはこれまでWiMAX用のデータ端末の製造を行ってい...

申請書はnovas WiMAXのホームページからダウンロードできます。

novas WiMAXを解約する際は解約希望日を決めることができますが、申請書が到着した日が希望日より後の場合は到着日での解約処理になるため、郵送を遅れて翌月になり契約解除料が発生する、といったことが起こる可能性があります。

申請書類は早めに郵送しましょう。

UQ WiMAX

UQ WiMAX

UQ WiMAXはUQお客様サポートセンターへの連絡、もしくは解約届を送付することで解約できます。

UQ WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルインターネットサービスです。 UQ WiMAXが他社WiMAXと大きく違うのは、運営しているUQコミュニケーシ...

UQお客様サポートセンターはメールもしくは電話で問い合わせることができます。また、解約届はUQ WiMAXのホームページからダウンロードすることができます。

DTI WiMAX

DTI WiMAX

DTI WiMAXはカスタマーサービスまで連絡したうえで、MyDTIもしくは書面で解約できます。

DTI WiMAXは大手プロバイダであるDTIが提供しているWiMAXサービスです。 DTIは光回線サービスや格安SIMサービスも手掛けており、どれも価格が安いことで知られて...

書類で解約する場合は毎月25日までに到着した分だけが当月受け付けされ、月末での解約となり、それ以降は翌月扱いになります。

また、MyDTIから手続きした場合も25日までの手続きを当月受け付けされ、月末に解約されます。

3WiMAX

3WiMAX

3WiMAXは「サポートセンター 解約専用ダイヤル」に電話をすることで解約できます。

3WiMAXは株式会社リンクライフが提供しているWiMAXです。 リンクライフは月額料金がやすいことで知られる「Broad WiMAX」も抵抗しているプロバイダです。Broa...

3WiMAXの解約受付は毎月20日(日営業日の場合は翌営業日)までで、21日以降は解約受付をすることが出来ず、解約が翌月になってしまいます。契約更新月に解約する場合は21日までに連絡しないと翌月解約になり、契約解除料を支払わないといけなくなります。

WiMAXのプロバイダのほとんどは25日が期限になっていますが、3WiMAXは期限が短く設定されているのでご注意ください。

Drive WiMAXの解約方法

Drive WiMAX

Drive WiMAXはサポートセンターに電話をすることで解約できます。

Drive WiMAXは株式会社Wiz(ワイズ)が提供しているWiMAXサービスです。 サービスおよび運営している会社ともにあまり知名度はありませんが、月額料金無料キャンペー...

なお、契約満了月に満たない場合は違約金が発生するので、電話をした際に支払方法を相談することができます。

まとめ

今回はWiMAXの解約方法や違約金の仕組みについて解説しました。

WiMAXの解約方法や違約金はプロバイダによって異なるため、非常に分かりづらいです。

WiMAXを解約する場合はあらかじめ契約内容や詳しい解約方法をプロバイダに問い合わせておきましょう。

そして、違約金を発生させないために更新月に解約するようにし、解約手続きはなるべく早く行うようにしましょう。